2021年02月27日

「Seventh」更新 第106話「刺客」異世界ファンタジー小説

異世界ファンタジー小説「Seventh」最新話を更新しました。

PC版 SSL対応(スマホでも見れると思います)
PC版 SSL非対応(スマホでも見れると思います)
魔法のiらんど 作者ページ←iらんど版は一部下書きになっています。続きは近々更新します。

第106話『刺客』
以下、いつものにおわせメモ
・長くなると分割したりするのだが、今回はタイトルとの整合性がほしかったので迷ったけど分割はやめた。ちょっと長くて読みづらいかもしれない。
・「壁」「壁内」というワードが頻出する。現在わたしが「進撃の巨人」に熱を上げているためかもけどただのオマージュだよ。倫が作ったのは「柵」なんだけどラートンの力が加わると「壁」なんだよな。
・次話からようやく第二章のクライマックスムード。熱い部分だけに加筆の嵐で長くなるかもしれないが、あとは勢いにまかせて畳み掛けられると思う。

先週末、後部座席でラップトップを持ち込んで下書きをしながら、時間が余ったので第二章を読み返した。100話あたりから筆が荒れているなあ。同じことを何度か言わせていたりするし。記憶力の低下に年齢を感じてしまった。訂正箇所がいっぱいあったけど致命的なリンクミス以外はしばらく放置になりそうだ。(84話から85話へのリンクが死んでいたので蘇生しておいた。)
posted by 杏後 at 08:48| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月19日

いつか時間が出来たらの「いつか」とは一体いつになるのか問題

ひたすらトルコ行進曲を練習し続けている。楽譜を買ってから5年くらい経っていて、当時途中まで練習してほったらかしにしてあった。半年ほど前に子どものピアノの練習を見ながら、残っている楽譜を眺めていたときに「そういえば」と思い出した楽譜だ。

練習の甲斐あってたどたどしくも通して弾けるくらいにはなったのだけれど、
体力。
が頭をよぎった。これが無いと弾きたい曲も弾けないことに気付かされる。トルコ行進曲は難易度は高くない曲だと思うけど、それでもゆっくりめに弾くと軽く4分はかかる。オクターブの指使いが多いのもあって、2、3回弾くとわたしはしんどい。
体力すなわち若さ……と思い、ピアノに適した年齢で検索をかけたところ、諸説あるようで、ピアノを弾くための体力が年齢に反比例するわけでもない、ということはなんとなく把握した。

それでも若いことに越したことはないと常々考えてしまう。国内外の旅行だって体力がないと楽しめない。仕事のキャリアアップだって子どもが成人して自分が40才半ばになってからではなかなかに厳しい。わたしは自分を納得させるのが難しいので、やりたいことは我慢しないでやりたいときにやっておかないとと思っている。

ふつうに泊まりの出張もするし、念願の海外出張も達成できたし、今度やりたいことはなんだ? 隠居したら絵画は水彩・油彩問わずやりたいとうすうす思っているので、それを今から始めてもぜんぜんいいだろうな。少し鈍感に欲張りにやっていくくらいが、わたしにはちょうどいいと思う。

だから、今日も時間見つけて小説の方も稚拙ながら取り組んだのでした。ほんと、わたしがほんとうにやりたいことはわからない。AKB48の「願い事の持ち腐れ」、『本当の願いは何か』ってやつだ。
posted by 杏後 at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

まがりなりにもうれしい

拍手ありがとうございます。
次回分もじわじわと加筆中。
自サイトの他には魔法のiらんども同時更新しており、うれしいことにまれにしおりが増える。そして気付いてしまったのだが、どうやら、しおりがひとつ増えただけで日間ランキングに入れるらしい。おそらくこちらの投稿サイトは恋愛系のジャンルに比重があり、ファンタジーはサブなジャンル。しかしそれはかえってわたしのような弱小作家にはうれしい環境なのかもしれない。だってまがりなりにもランキングに入れたのだから。
ランキングに入ってドミノ式にしおりが増える効果は今のところ確認できないので、これはもうわたしの力量不足なのね、ということも確認できてしまった。
むむむ。厳しいや。


職場で、同僚がホームページのリニューアルを担当しているんだけど、細かい情報の更新は自分でできるようにと、社内のIT担当にタグの編集の仕方とか、アップロードの仕方などを問い合わせているらしい。
わたしのように、学生時代、自己顕示欲の成れの果てみたいなホームページを作ったことがある人間だったらすんなりと出来てしまうかも……などと思い至りつつ、絶賛継続中の黒歴史をおひろめするわけにもいかないので、とにかく相槌を打ちまくっておいた。


小説書き上げようと決意していることは家族にも言ってないからなあ。ましてや職場関係だなんて言えるわけがないのさ。
posted by 杏後 at 22:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

「Seventh」更新 第105話「無敵」異世界ファンタジー小説

異世界ファンタジー小説「Seventh」最新話を更新しました。

PC版 SSL対応(スマホでも見れると思います)
PC版 SSL非対応(スマホでも見れると思います)
魔法のiらんど 作者ページ

第105話『無敵』
以下、いつものにおわせメモ
・進んでいるようであまり進まないストーリーだが、ルゴシク山のように突然展開するかも。第三章があってそこで結末を書くとしても、確実に第二章は非常にわかりやすい山場らしい山場になるんだろうな。


昼間のテレビで都内のランチの食レポをやっていて、ふと、めっきり出張する機会が無くなったため、近場で食べたいお店を探してふらっと入るみたいなことが全然出来なくなってしまったんだなと噛みしめた。さらに、あんな量をペロリと食べていたのは外食ならではだよね……と、外食する機会が減っているため、食べ過ぎることがなくなったかもしれないなあなどと。
それにしてはあまり体型に現れないのはおそらく動かないからだね。反省しよう。
posted by 杏後 at 22:50| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

燃えカス化の兆候

森さんて首相だったときは、支持率一桁かそれに近い数字を叩き出した人だったと記憶しているが、相変わらずなんだな。たぶん深い意味はない。ただ日頃思っていたことを世間話のようにぽろっと口に出しただけ……みたいな。
あの発言が発端の今回の喧騒で、いちばんがっかりしているのは選手じゃないのかな。大会延期になった上に様々なやりづらさを抱えながらも前向きに競技を続けているところに、ああいうことをされてしまうと、はあ? っていう気持ちになりそう。わたしだったら「はあ?」って言うね。

少々疲れているのか燃え尽きモードが近づいているのか、寝落ちが続いたためあまりPCに向かえなかったが、今日、だいぶ進めた。土日のどちらかで更新できそうだ。
ちょうどよく休みを取るように言われているのでボコボコ休もうと思う。
それで少しは創作の方に時間を充てられたらいいなあ。
posted by 杏後 at 22:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

カラムーチョうまい

加筆姿勢は変わらず、でも今週は少し気合いを入れないと更新が危うい感触。食事はすべて完食。ウエストサイズに反映されても懲りずに間食。
iらんど版でまれにPVがグンと伸びて読まれているのがわかるんだけど、先日もおそらく読まれていたが、第二章の途中でぱったり止んだ気配を感じた。残念だ。またのご利用をお待ちしております。少なくともあんなに長い第一章を読んでいただけたことに感動する。うれしいね。

さあさあ、ずっと山場なんだ。がんばるぞー。
posted by 杏後 at 22:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする