2019年06月28日

「Seventh」更新 第63話「オスロの手紙」

「Seventh」更新しました。
第63話「オスロの手紙」
いよいよ第一章のエピローグに入ってちょっとどきどき。

携帯・スマホの方はiらんど版へどうぞ。
posted by 杏後 at 23:39| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

電車で業(ごう)

Wandering Networkってカテゴリによってinとoutの数字違うんですか!?
アクセス元では毎日あるようなのにptに変化がないのでどういうことかと思っていたのですが。
inに入れてくれている方が何人かいらっしゃるようでうれしいです。ありがとうございます。

本日は新幹線で片道2.5時間の移動がありましたので、夕方にあらすじ作業がえらい捗りウハウハしてます。非常に楽しかった。今週末は最新話を更新したいなと思ってます。
電車での作業といえば、学生時代を思い出します。課題が出て、帰りの電車、在来線で1時間の中で、アイディアをあらかた作り、次週の授業までに仕上げていくという……。遠方から通学する人間の特権だとわたしは思います。自動車だと運転しなければならず他の作業ができない。電車であれば本が読めるし音楽も聴けるし友人と一緒になればずっと話していられるし、と。
創作を仕事にされる方にはとても良い時間じゃないでしょうか。
もちろん眠いときは眠りますしね。

ところで、最近だと「Seventh」の更新は隔週ペースになってますね。読み手を増やすための頻度としてはどうなのかと思いますが、ゆるゆるときちんと続けていくには良いペースなのかな? と思ってます。もちろん、ラストまでの目処がつけばどんどん更新していけばいいのかと思いますが、まだまだです。
じっくりいきたいです。

SSL化の影響なのかseesaaブログにログインできなかったり記事作成ページに進めなかったりしました。履歴を全消去してみたら入れてホッとしたところです。
posted by 杏後 at 05:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

異世界転生と異世界転移と異世界召喚の違い

HTML5とCSS3
10年の間にXHTMLなんぞどっか行ってしまったことはなんとか理解できた。

でもその前に理解しなければならないことがある。
異世界転生/異世界転移/異世界召喚 の違い。

異世界転生=現実世界で不慮の死を遂げた上で異世界で新しい何かに生まれ変わること
異世界転移=知らん
異世界召喚=死んでないけど異世界から呼ばれたうえで異世界にやてきた

これは<span>と<section>の違いくらい説明されればわかるけどだからなんだっていうんだ、創作する側にわずらわしい手間を増やすなよ、と言いたくなる差異だと認識したわたしは、もはや間違いなくインターネット老人の1人なのだろうか。

大多数の人間が個人サイトからSNSに流れていったのも頷ける。
だってめんどくさい。手間が増えた。ルールが増えた。
人とちがうものを創っても見向きもされない。
最悪の場合炎上する。


ところで、10年の間に当時流行りはじめていたXHTMLからHTML5.0に向かっていった流れを知りたいんだよね。経緯がわかれば新しく増えたタグの理解の助けになるから。わたしの目的は10年前の個人サイトを現在のより多くの人たちに見てもらうこと。親切にhtmlとcssを流用OKと明言してくれるサイトは見つけたけど、そこからカスタマイズするためには知識が足りないんだよな……。
リファレンステキストを入手して驚いたのが、テキストの厚さが10年前から2〜3倍のボリュームになっていること。
なぜそこまで理解するべき事柄が増えたのかを知りたい。

Google検索も以前は直感的な検索で必要な情報はほとんど得ることができたはずで、たいていのことは解決できたんだけどな。
それだけ複雑になってしまったのかね。とりあえず今はほとんどなにもわからない……。
posted by 杏後 at 23:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

amazonaws.comなにそれ

amazonaws.com
90件
はあ????

アクセス解析ログ見てたらamazonなんちゃらの大量アクセスがあって、怖くてしょーがない。やめてほしい。ちょっと調べたらスパムっぽいものらしいのでブロックしたいけどhtaccessは触ったことがないのでちょっと二の足をふんでいる。レンタルサーバで対策とかしてくれないかな……。

個人サイト運営のハードルが上がったような気がするのはセキュリティ面も大きいよね。のらりくらりメアド晒してやってた頃からするとかなり物騒になったなあと思うよ。ユーザーがSNSに流れるのもわかるわ。

ていうかこんな辺境サイトはスパム対象にしないでよ。
ほっといてほしい。
posted by 杏後 at 08:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

「千と千尋の神隠し」について

『千と千尋の神隠し』の中国版ポスターが美しい。「センスの塊としか言い様がない」と話題に
千と千尋の神隠し』の中国版ポスターが美しい。「センスの塊としか言い様がない」と話題に

特に2枚目でよいシーンを取り上げているので、また観たくなってしまった。
電車のシーンは懐かしさと怖さと優しさをこねくり回したような気持ちになるんだよな。そこにいたるまでの喧騒とはまったく違う場面、すごく印象的。

しょっぱなに「お父さん」が余計なドライブを強行するところとか、千尋に対してそっけない「お母さん」。でぶ豚が鞭で打たれるところ。嫌悪感をもよおす場面がけっこう多い。いろいろこらえて観ていくと、はっとするような美しい場面が件の2枚目のポスターに使われている海(大河?)の中の線路。対比がすごい分、「ものすごく良い場面」という印象が強い。

ま、記事タイトルのように中国向けのポスターデザインが絶賛に値するかどうかはわりとどうでもよくて、とにかく久しぶりにまた観たいなと思っただけの話です。
ナウシカ、ラピュタ、千と千尋、ハウル、このへんはたまに観たくなるなあ。

ところでこういう記事のトラックバックとかブログ向けのアイコンやリンクが見つからなくて戸惑ってリンクにしてみました。
posted by 杏後 at 23:01| 映画観たよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

風が強すぎて家にこもる気です

ただのやっかみにしかならないのかもしれないけど。

「個人」「個性」の大合唱と、それらの傾向と相反する古来の日本人的な性質のガチバトルみたいな様相っていうのが最近話題になることが多いと個人的には思っているのだけれど、不思議なのは「個人」だ「個性」だと主張されるわりにはSNSもニュースサイトも「共感」が大前提になっていて、「共感」から外れると大バッシングされるという皮肉な展開が多い。
「共感」の流れに乗れないものは、批判されるか、見向きもされないかのどちらかで、多様性なんかほんとは糞食らえなんでしょう。

濁流のごとく個人がつながったのはいいがSNSっていうくくりがわたしが大嫌いだった学校の教室の四角四面さを思い出させる。
けっきょくまわりまわってもどってくるのは変えられない人間性なのかな

とかいって、懲りずにネット小説の同盟とかウェブリングを探してさっぱり見つからないため切なさをぶつけているだけです。
そろそろインターネット老人会に入会しようと思う。

べつにFacebookもLINEもtwitterもやってるしそれぞれ楽しんでますから大丈夫です!
以上
posted by 杏後 at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月14日

「Seventh」更新 第62話「荒野の家宝(後編)」

長編異世界ファンタジー小説「Seventh」更新しました。

最新話第62話「荒野の家宝(後編)」


携帯スマホの方はiらんど版でどうぞ。同時更新しました。
posted by 杏後 at 21:21| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

iらんどのBOOK整理完了しました

昨日書いたとおり携帯版Veins and Roots(iらんど)にて2冊に分かれていたSeventh第一章を1冊にまとめました。2冊目はとつぜん消しました。しおりしてくださっていた数名の方、申し訳ありません。
posted by 杏後 at 22:23| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

iらんどの更新再開しました

いろいろ考えた末に携帯版として使用していたiらんどのブックはそのまま更新を継続することに決めました。

iらんど版 veins and roots

もうさんざん書いているとおり、10年という長い時間を経てiらんども例にもれずだいぶ仕様が変わっていてびっくりしました。
・現HPが完全なる旧式仕様のPC向けでありスマホ対応に苦戦しそうなこと
・iらんどについては、自分が書く内容のテイストは異なるのかもしれないがある程度知名度のある投稿サイトであること
・そもそも過去に携帯版として利用していたためこれからの更新がしやすいこと
スマホや携帯で読むには少々長たらしい内容だと思うけどいろいろな層に読んでもらえる可能性があるのは良いことではないかな?

ただしブック機能の1冊あたりの文字数・ページ数の上限が前より増えている気がするので、1〜2冊目の中途半端な区切りは整理した方がいいだろうなあ。
あとはあくまでPC用が主体となるのでもしも手直しした場合にiらんど版もすべて同様に手直しできるかというのがちょっと重荷だなあ。
まだまだいろいろ検討事項ありますね。今日はここらで終わりにしようっと。
posted by 杏後 at 22:45| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月09日

わきめもふらず書けよと

「盾の勇者の成り上がり」はアニメで知った。超おもしろいわ。とにかくラフタリアだいしゅき。それがまさか「なろう系」というジャンルだったとはね……。
そもそもアニメをよく見るのは限られたフリータイムで映画はどうしても1.5〜2時間かかってしまうのに比べてドラマなら1時間以内、アニメなら30分で1話を見られるので、よく観るようになった次第なのだ。(「このすば」はテンション高すぎてついてけませんでしたー。)タイバニ、ボールルームへようこそ、バナナフィッシュ、どろろ。ドラマがぜんぜんおもしろくないのでアニメばっか見てるよ……。(勇者ヨシヒコは制覇してしまった)

10年前のネット小説の書籍化といえば、「恋空」をはじめとした当時で言えば「ケータイ小説」でしかも恋愛ものが全盛期だったように思う。それが今となっては異世界転生モノの書籍化・漫画家・アニメ化のオンパレード!!わたしもこつこつと地道に書き続けていたら今頃ひょっとしたらひょっとしていたのか……!?なんておこがましいことは1ミリ程度考えながら、当時更新し続けるのと、今、更新を再開したのとでは、きっと物語の展開はまったく違うものになるのではないかと思うのです。つべこべいわずに今書けるものを書き上げて、より多くの人に読んでいただく方法は、その後考えるべきなのかな……とか思うのです。

昨日今日でずいぶん先になる良いシーンを書いてしまいました。1人でずっと悶えている。ああ楽しい。
posted by 杏後 at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

目まぐるしいhtml、css

スマホ対応について少し調べた。
10年経つといろいろ変わるのは当たり前だよな。
メディアクエリとか、おもしろいなと思いながら、仕組みを理解している最中で、今まで作った全ページで対応するのも方法はわかってはいるからそれほど難しくはないとは思いつつ、そのちょっとした手間をいつ実行しようか……みたいな微妙な迷いが。
いっそのこと前の二刀流でiらんどの更新を再開した方が早いのはわかっているが本家HPでの修正をすべて反映するのは実質不可能だろうしなあ。できれば更新は統一したいところ。ならばなおさら投稿型サイト一本にすれば良いのでは!?とか。
wordpressなんてツールも流行っているようだし(本屋にハウツー本まであった!)、いろんな情報に目移りしてしまう。
コンテンツ用の文章自体は10話分くらい書き進んでいるのでノリノリでそっちを優先して続けたい気もするしなあ。でも万が一にも訪れてくれた読者さんが、表示がイマイチでバックしちゃうとかだと残念すぎるしねえ。

まあ、そもそもなんでこういう形で小説サイトをはじめたのか、というところだな。
時代が変わった以上、新しいフォーマットに擦り寄るのもありっちゃありだ。
「自分でタグ打ちしたい」のか、「より多くの人に小説を読んでもらいたい」のか。

htmlタグやcssの定義も新しいものがあるようだし、1から組み直した方が楽かもね!
悩むわ!

そんな調子なので、「Seventh」の更新は来週末になりそうだ。
ゆっくりやらせていただこう。
posted by 杏後 at 21:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

掲示板を整理しましたらば

どうやらちまちまとスパム投稿があるらしい掲示板を整理しようと思い眺めていたら、一通、未返信の書き込みが見つかった。なんか涙が出そう。掲示板まで書き込んでくれる読者さんて貴重だよ。なのにわたしは「忙しい忙しい」と放置していた。情けない。

ほかの書き込みを見ていても、当時熱心に読んでくれていた方が何人もいたのだなとわかる。
「続きが楽しみ」
その言葉が何よりも起爆剤だよな……。
仕事だって同じだもんね。
得られるものがあるならがんばれるもんだよな。

とりあえず、いかがわしい書き込みの類はキレイに消した。管理者ページはなぜか入り方を覚えていたのが幸いして。
10年前のわたしは、レンタルbbsだとサーバごとこつぜんと消えたりするからかCGIに手を出していたらしい。だから余計に手こずった。案の定パーミッション諸々よくわからんので移転先で機能せず、HPは移転したのに掲示板だけ旧サーバのままなのだ。実は。
posted by 杏後 at 22:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

やばいかゆさ

とりあえず、ブヨみたいなヤツに刺されたっぽい足がかゆくてかゆくてよく眠れないのであまり集中できません。ふつうの液体ムヒをびしょびしょに塗りたくってもぜんぜん効かない。同僚にすすめたれたムヒアルファEXの効き目を信じて早く寝ようかと思う。保冷剤で冷やすと気持ちよかったので冷えピタでも貼ってやるか。
posted by 杏後 at 21:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

捨てるものと残すもの

3年くらいの時間が経ってようやく中身を確かめるダンボールの中身、そこからさらに処分したり仕舞う場所を作ったりしているのだけれど、
出るわ出るわ。
探し物が。
無いんだよねー。
いろいろと。大切にしていたはずのものは勢いに任せて結構捨てていたみたいで、ちょっと後悔することが多い。
なくては困る最低限のものはきちんと取ってあったりするので、捨てると決めた当時はちゃんとそれなりの基準で線引きしていたのかなあと。
例えば昔のネット生活のIDとかパスワードとか、全部アナログ手書きで残してあるノートは見つかった。結構助かっているしやはり当時を思い出して懐かしい気持ちにもなる。
中高生の頃のかさばるA4ノートの類は大半が漫画ネームみたいなものとか、世界観の設定とか、妄想をなんとか形にしたい想いを表しているものなんだけれど、ことごとく捨ててしまったようで小説のネタになりそうな材料が無いのはちょっと痛い反面、それをとってあったとしてもオフラインではただの黒歴史なので家族や友人に見られると穴があったら入りたくなってしまうからまあいいかとも思う。必死に思い出すことにするよ。今更ノートを作るのもなんだか恥ずかしいからね……。
10年間で引っ越しやそれに相当する機会が3回ほどあったのでそのたびにだいぶ手持ちのあらゆるものがスリムになって、これから増えるとしたらおそらく洋服くらいなものだろうな。あとは大半がPCやスマホで事足りてしまうような気がする。文字の創作はお金も場所もそれほど必要としないから良いものだなあと思う。気分転換としては最高なんじゃないかな。
以上
posted by 杏後 at 09:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする