2020年09月30日

GoToしたくなるお得感やそれにともなうあのネタを体感するの巻

1泊の出張をすることになったのでいつも利用する航空会社のHPを開いたら「GoToトラベルはこっちをクリック」と書かれていたので素直にクリックした。ほうほう。へえへえ。マジでそんな安くなっちゃうって??
即決ですわ。
旅行じゃないけど。
会社の金を使うわけだけど経費節約という面でなんとなく申請を出しやすい気持ちになる。
旅行会社経由で航空券とホテルをセットで予約して、決済を済ませて、入金完了メールが届いた……。

「地域共通クーポン券」

なにそれ!?
知らなかったので調べたら、旅行先で使用できるクーポン。数千円分いただけるとな。すでに旅行代金は割り引かれているのにさらに土産代まで付くのかっていう驚愕。

でもねえ。そういうおいしい話になっているのは、やはりそれだけリスクがあるってことで、どうしても経済を回したいという理由でくっついてくるお金なんだよね。命が大事か、お金が大事か、天秤にかけられているという事実を思い知らされるよね。テンション上げたり下げたり、高低差で耳キーンなるってこういうことなんだと体感をもって知ったのであった。
クーポン券を交通費や食事代に充てるか V.S. 私用の土産代に充てるかは、どちらが家計にとってお得となるかで決めようと思う。
posted by 杏後 at 22:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月27日

死のにおい

COVID19によって命を落とされた芸能人は記憶に新しく確かにショックで、「そんなにあっけなく亡くなってしまうのか?」という印象がとても強く、ウイルスの怖さというものが急に目の前に突きつけられた出来事だった。それはウイルスが日本で猛威をふるった第一波の頃で、なんだかずっと前のことのように思えてくる。

数ヶ月前から世の中はすっかり変わってしまって、皆、なにかしら不自由をしていたり、またはどうやって生きやすくしていくかを前向きに考えている人だっていると思う。それにしても。芸能界の今を見ていると、かなり厳しい状況なんだろうな、ということは嫌でも感じてしまう。自死を選択してしまう人がこんなに立て続けに出てしまうのは、ウイルスに罹って亡くなるのとは決定的に事情が違う。異常だ。有名人であるほど派手に報道されるので、嫌でも目や耳に上方が入ってくるせいで、自分の身近なところでは犠牲者がいないのに、人の死がとても近くにあるように感じてしまうから、いろいろと考えずにはいられない。
「生きているだけではだめなのだろうか」
「なぜ自殺するのだろうか」
おなじ疑問がぐるぐる駆け巡るだけで答えは出ないが、理解できないほうが自分のためと思う。だってそれがわかってしまったら、死のにおいが死神に見つかってしまうから。業種や職種によりけりとは思うが、きっと、フェイスtoフェイスのやりとりを生業にしてきた世界の人たちにとってはとても苦しい状況なのだろう。

人類誕生以来もっとも平和な時代を生きられて幸せだ! などと思っていたけれど、これからまだまだ地球規模でいろんなことが起こりそう。様々な変化を余儀なくされる我々、これはもはやサバイバル。まさかこんなに大変な時代に突入してしまうとは、一年前には思ってもみなかった。
ジャルジャルがキングオブコントで優勝することだって一年前には思ってもみなかったわけだから、仕方がないとは思う。
posted by 杏後 at 22:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月26日

「Seventh」更新 第96話「ルゴシク山」異世界ファンタジー小説

異世界ファンタジー小説「Seventh」最新話を更新しました。

PC版(スマホでも見れると思います)
魔法のiらんど 作者ページ

第96話『ルゴシク山』
・山で山場を迎える第二章? さてはて、それはいかほどか。
・倫と俊の安定感が抜群だ。良し悪しは別として、哲もある意味安定してきたような……。


自家製タルタルソースは、ピクルスでなく、甘口のらっきょうを入れるのが好きだ。昔テレビで見た、チキン南蛮の作り方を覚えて以来、だんぜんらっきょうを入れる。こどもがめずらしく美味しいとほめてくれた食べ物のひとつでね、わたしも我ながら良い味だなと思っている。たくあんでもおいしいと思うんだよね。でも毎回らっきょうを入れるからまだ試せていない。
食べ物のことばかり考えるのはジャストナウお腹がすいているからなのだ。
腹八分目だと、朝までもたない。
夢にも食べ物出そう。
ちゃんとストレッチと軽い筋トレやった。
posted by 杏後 at 22:12| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月25日

肩の痛みは平泳ぎのせい

先日痛めた肩と、ついでにふくらはぎが異常な筋肉痛となってしまい三日間くらい悶絶していた。それらがだいぶよくなったので、喜び勇んで再びプールにGOしたら、また翌日肩が痛くなってしまった。どうやら平泳ぎが原因らしい。ふだん動かさない部分を使うのだろう。前回よりはマシだったので、一種の筋肉痛で、身体が平泳ぎに慣れてきたのではないかと思っている。
「身体が平泳ぎに慣れてきた」
あまり聞いたことがないフレーズだな。少し滑稽。

肉体改造は順調で、とりあえずは食事量と間食、飲酒量の見直しと運動不足の解消で、すぐに2kgくらい体重が落ちた。そろそろ軽い筋トレをはじめようかと思う。15年前のように腹筋を割るのが目標だ。アルコール断ちをしたのがいちばん効果が大きいような体感がある。毎日焼酎ロックで3〜5杯程度は飲んでいたので効果覿面なのかなと思う。アルコールの分解に忙しくて、食べたものの消化が間に合っていなかったのかもしれないな。

おかげで酒もつまみも買わなくなって買い物がつまらない。それは少し残念。つまらなくなってしまった時間を読書や創作に当てて楽しい時間に変えられたらベストなのかなと思っている。
なんやかやで今週も1万字くらい文字を打っているのかな? 小ネタから今週の更新分まで、書き散らかし。今週はふつうに更新できるはず。
posted by 杏後 at 11:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月19日

シルバーアクセサリーを磨いた

拍手ありがとうございます。

若かりしとき、今の夫から頂いたいくつかのシルバーアクセサリーを引っ張り出したら、とてもひどい状態だった。天然いぶし銀加工という感じで。ほんとわたしはだらしがない人間だな。
ショックだったので、家にあった怪しげなjewery cleanerと書かれた(いつからあるのだろう!)スプレーを手に取り、駄目元で吹き付けてみたらだな……。磨き用クロス併用して、スプレー、磨いて、スプレーという感じに交互に2〜3回試したら、ピッカピカになった。
どちらもチェーンなので細かいところまではキレイにならないだろうな……と期待薄だったけれど、とりあえず目に付くところは新品同様なのでは? というくらいに光を放つようになったとさ。よかった。
他にもいくつか思い入れのあるアクセサリーに試してみようと思う。
放置されている結婚指輪とかね!(夫婦どちらも外している……)

成分表記は界面活性剤と酸化防止剤となっている。手で触れたらハイターっぽいぬるぬるを感じたけど、液性も中性。匂いは強くないのであまり気にならず、でも少し硫黄っぽいかも。

アマゾン
モリモト G&Sジュエリークリーナー
モリモト G&Sジュエリークリーナー

楽天
【東急ハンズ】 モリモト G&Sジュエリークリーナー | ジュエリー クリーナー 研磨剤 金属 貴金属 スプレー 宝石 アクセ アクセサリー メッキ クリーニング ジュエリークリーナー ゴールド シルバー プラチナ 銅 オパール ターコイズ 真珠 - 東急ハンズ 楽天市場店
【東急ハンズ】 モリモト G&Sジュエリークリーナー | ジュエリー クリーナー 研磨剤 金属 貴金属 スプレー 宝石 アクセ アクセサリー メッキ クリーニング ジュエリークリーナー ゴールド シルバー プラチナ 銅 オパール ターコイズ 真珠 - 東急ハンズ 楽天市場店

昔の持ち物に手を触れるとどうしてもノスタルジー。そんな気持ちもなにかの物語で書いてみたいのだった。
posted by 杏後 at 22:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

なろうで投稿したもの

拍手ありがとうございます。
そして久々に魔法のiらんどでしおりが増えてうれしい。

小説家になろうにて、短編をもうひとつ投稿してみました。また1件評価もらえた。うれしかった。
よかったら読んでみてください。
「小説家になろう」杏後の作者ページ
ただいま
ホラーのようなものです。

現代ヒューマンドラマ。ほんのりとファンタジー風味です。
昔ホームページに載せてたものをちょこちょこ修正しました。
当時はけっこう好評だったんだ……遠い目。
posted by 杏後 at 21:40| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月13日

「Seventh」更新 第95話『嘲笑』異世界ファンタジー小説

異世界ファンタジー小説「Seventh」最新話を更新しました。

PC版(スマホでも見れると思います)
魔法のiらんど 作者ページ

第95話『嘲笑』
・前話は相手にするでもないただの雑魚であったが……みたいな。

短めに仕上がった。これだけ書くのにずいぶんかかってしまったなあ……と思う一方で、悩ましかったのは今回の話ではなく第二章ラストに向かういくつかの見せ場と見せ場の隙間の埋め方、なのかなと思った。今回更新分で少し肉付けができたので、次の話は難なく仕上がると思う。目的ははっきりしているし大筋はつくってあるとはいえ、詳細部分はまだまだ詰め切れておらず。それでもあまりダラダラしないよう端折るとこは大胆に端折っていきたい。今書いている第二章と、最終章である第三章まで、走り抜ける感じでやっていきたい。

一方で、昨日ダラダラと日記に書いていた他の小説の小ネタは、メモが溜まってきた。2個。超大作にならないようにこつこつとまとめていけたらいいな。よし、がんばろう。
1つは、とあるドラマのCMで出てきたセリフから、あれよあれよとネタが浮かんだやつ。
もう1つは、「Seventh」と同じように学生時代に妄想練り上げたやつ。
気分が高ぶったときに一気に書き上げられれば。

WanNeさんはinランキングを停止したようなので投票ボタンを外した。代わりに拍手ボタン一択となり、わたしの励みのために押していただけると幸いです。どうぞよろしく。
posted by 杏後 at 10:16| 更新情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月12日

どうにかなりそう

拍手ありがとうございます。

なんとか書き上がりそうなんだけどタイトルが決まらないので更新は明日にする。
エンコーディングに対応しない漢字を一文字打ってしまったばかりにファイルの保存に手間取ったのが余計であった。それがなければ更新できていたかもな?
というかもうUnicordにしとけよ自分、とも思う。いまだにShiftJISにしているのはこだわりもないし無意味だろうよ……。しかし今さら数百ページのエンコーディング指定書き換えは、手作業でも一括変換でも(ミスったときのリカバリとか)面倒でだな。

昨日は初なろうの威力に感動したものの、今日になればアクセスはない。単発の短編だから余計にアレなのか。連載モノ毎日更新とかやったらおいしい想いができそう……うっとり……ってそんなにうまくはいかないはず! なにはともあれ少し刺激になったので、「Seventh」以外にも書きたいなっていう意欲が湧いてきた。「Seventh」を完結させなければ書く資格はない、などと真面目風意識を持ち続けてきたけど、資格うんぬんの前に時間的にも能力的にも無理だから大丈夫だって。
なので、あれこれ妄想を練り上げるだけにして。
いやいや、それが楽しいんだったわ!
と、創る楽しさを、思い出すのだった。最近、少し凝り固まっていたので、たまには思いつきで違うことをやってみるものだな。


レンタルした女王蜂の「BL」がクソよかったので、「十」も欲しいと思い立った。レンタルショップ、CDショップや中古店を回るがなかなか置いてなくて諦めかけていたところ、ふと思いついて地元の老舗ショップにふらーっと行ってみたら見つかった(笑)今や大手はECの方が力入れているだろうから、店の在庫も少ないうえに整理するのも早いだろうね。店舗面積がどんどん小さくなっているものね……。昔ながらのマイナー店の方が掘り出し物がありそう。以前も探しものが見つかったことがある店なので、穴場かな。
肝心の「十」の中身だが、とてもよい。アヴちゃん、良すぎ。
posted by 杏後 at 23:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月11日

変化点かも

WanNeさんが復活したのはよかったのですが、同時にどうやらyomi-searchのcgiに脆弱性があるという情報を発信してくださっているので、これを機会に登録サイトでの宣伝は控えようかな、という気持ちになってきました。そもそも大したアクセスが期待できるわけでもないので。一年間やってようやく実感としてわかってきたです。それに加えて、今日、気分転換にと思ってはじめて小説になろうに短編を投稿してみたんですが、アクセスはもちろん個人サイトの比ではないし、おまけに期待していなかった評価ptが、マイナージャンルにもかかわらず1件入ったのがうれしゅうてのう。

マイペースで更新できる自サイトをやめるつもりはないけど、その分きちんと管理はしていかないといけないなあと。今回の一件で、SSLもちゃんと取得しようかな……という気持ちになりました。

そして、肩を、完全に痛めました。寝転がってスマホいじりながらくしゃみしたら、首を寝違えるのと似たような痛みが肩に走っちゃって。やっちまったな。でも今夜はあと100文字くらいがんばる……。
posted by 杏後 at 21:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月10日

動くか休むか

拍手ありがとうございます。

だいぶ進んだ。今日は1000文字くらいいけたのかな。今週か来週更新できれば安牌というかんじ。
魔法同盟のドラゴンイベントが熱いので、すみません。

肩が痛い。
三十代なかばでも四十肩になるのか……と戦々恐々としていたけれど、母親が腕が上がるから違うだろうとのたまわった。そうなのか。ロキソニンテープを貼ってみることにする。

昨日から少しおかしくて、動かしてほぐせば治るかなあと、プールで泳ぎまくったのは逆効果だったかな? あまり不調を感じないタチなので、不調のときにどうすればいいのかがわかっていない。動くべきか、休むべきか。動く派なんだ。風邪ひいてもあまり休まないし。おとなしくするのは、食あたりのときくらいか……。
明日よくなっているといいなー。
posted by 杏後 at 22:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月07日

優しすぎて苦手

200文字程度進んだ。がんばれ自分。


「最近の◯◯さんはどうよ?」
社内のとある職場ですこぶる評判の悪い御人がおってだな、たまたまその人が今わたしと関わりの深い仕事に期間限定で就いている。◯◯さんの本来の職場の人たちが、おもしろ半分で最近の彼はどうなんだねと訊いてきたので、わたしははっきりと答えた。
「優しすぎるから苦手」
などと。
それを聞いた皆さん、にやにやしてるけど、目の奥はマジだ。そして本音がポロリ。
「優しいんじゃなくて責任負いたく無いだけなんだよ、あの人は」
ズバリ。わかりすぎる。
わたしは心の中で深く頷いた。

わたしは少しだけ気が強いだけの万年下っ端なので、だいぶ先輩にあたる彼のことをオブラートに包んで「優しすぎる」とは言ったけれども、つまりは「何かを切り捨てて決断する」ということが、そうするべき立場であるのに、できない人だと思う。なにを訊いてもヘラヘラして「わからない」と答える。言う通りにするから命じてちょうだい、などと信じられないようなことも言っていたような気がする。つまり下っ端のわたしが判断しろと。やれるよ? 今までだってそうするべきときはやってきたから。わたしにとってそれは問題ではない。でも、それはあなたにとっては全然ダメなのではないのかい?

数ヶ月一緒に働いてみて初めてわかったことは、彼の判断は全てが自分本位だ。判断が出来ないことを、すぐに謝罪するのは、謝っておけばいいと思っているのだろう。それで自分の気が済むからなのだろう。こちらとしては謝らなくても良いから的確な判断をしてほしいのに。めんどうな作業だとわかると、社内の誰かの、ましてや顧客の正式な依頼を平気で嫌がる。自分が嫌な相手だとあからさまにテンションが落ちる。冷たく当たってくる苦手な上司のことは影で呼び捨てにしていたり……。人当たりはよいし、社内でそれなりのポジションに就いているのだからと、煙たがれる理由をわかっていなかった。それなのにめっちゃ嫌われていたのは、大人のイジメなのか? などと思っていたのだけれど。

なんでもイエスと言ってしまう人とか、誰にでも優しく接する人とか、たとえ良い面であっても、極端すぎるのは、ヤバイ。そういう人と自分を比べて、自分はけっこうまともな人間なのかもしれないな、などと上から目線で考えてしまうわたしは、最低なのかもしれないけど、やっぱりマシだと思ってしまう。

ちなみにその人はよく棒立ちでわたしや他のスタッフの作業を見ている。
そして「あれやってて」と言うと「わかった」っつってやってくれる。
ダメだろ。
posted by 杏後 at 22:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月06日

アルコールのせい

そろそろとりかかろう。
カタコトのフレーズでもいいから、書いてみるか。
それとも、書きたいところだけ書いてつなげていくのがよいかもしれないと、ちょっと乱暴な考え方もある。
まわりくどい場面でも、ほんとうに必要で書きたいのであれば、キーボードを叩く手が勝手に動くはずなんだよ。

WanNeの管理人さんがちゃんとtwitterで状況報告をされているので、ちょっとホッとした。なんやかやで登録しているポータルの中ではいちばんアクセスが期待できるので……。
感謝をしつつ、アクセス云々よりも、書かねば。

よその物書きさんの考え方などをtwitterで眺めていると、情熱があるからこその悲喜こもごもがある。わたしはなにがしたいのかなあと思わずにはいられない。
さして真剣に文章と向き合っているわけでもない。読書量も中途半端でここ10年はほとんど読んでいない。得意と思い込んでいたはずのお絵かきもほとんどしない。音楽も追っかけていない。映画も観ない。他にもやりたいことがあったはずなんだけど、……ただただ、勤めている会社で、仕事をしているだけ……。なんで小説書こうとしているんだっけな。


やりかけて放り出したことをひとつ思い出して、なんだかやり遂げないといけないような気分になった。ただそれだけ。


ほんとうにつくづくわたしは気分屋なんだけど、でも、それだけで、一年間、隔週更新を守って続けられるのかな?
わたしはわたしがわからない。今日も明日も、未来永劫わからないだろう。

ていうか、休肝日つくればたぶん書くと思う。それな……。
posted by 杏後 at 21:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

ハングリー精神

拍手ありがとうございます。
WanNeが落ちたのでちょっとわたしも同調して落ち込んでみる。
これでまた老舗の小説ポータルがまたひとつ消えてしまったのか?

つくづく、誰かを見返したいとか、わたしだってやれるんだとか、そういった怒りに近い感情のパワーはあなどれない。つまりわたしは今非常に穏やかなのだ。今週末更新のはずの最新話は一文字も書いていない。言い訳をすると、小さなパーティを連日やっていたようなものだったので、うつうつとねちっこくテキストエディットに向かう時間が取れなかったせい。めずらしく陰鬱な独りの時間が取れなかった。やる気がまったくないわけではない。それでも睡眠時間を削ってまで書くんだという勢いが、正直なところ、以前よりは無い。
それでも一年間、ちゃんと隔週の更新は続けて来られたんだなと、更新履歴を振り返って思うのです。まあ、無理をするなんてのはガラじゃ無いので、今週の更新を落とそうが落とすまいが関係なく、人生を楽しく細々と生きていくんだ。
まあまたきっと何か起きてムシャクシャしたらすごい勢いでキーボード叩くだろうさ。
したがって今週末の更新はビミョー。

今日は久しぶりに製造現場へ。以前よりずっと楽しいな。同じ職場に長く居れば居るほどに、どんどんどんどん居心地が良くなっていく。これは長く居る人間にしか絶対にわからないんだろうな。
いいんだか
わるいんだか
それはだれにもわからぬ
posted by 杏後 at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする