2021年03月19日

ひらめきというより思いつき

あと2、3話でたぶん第二章の更新が終わるのだが、振り子をめっちゃ振らないといけないような気がするので、日替わりで気まぐれに違う場面を描き込んでいこうかなあと5秒前に思いついた。いつもそうだ。思いつき。ひらめきではなく思いつきであります。しょうがない、それが性分。

最近毎日そうだけど今週は特に水曜日くらいからプレスで圧縮されたような仕事内容だったのでもう疲れを通り越してテンションがおかしい。少しでも癒されたくてテキストエディットにむかったらはかどるはかどる。明日見直して絶望するかもしれないけど端々に良い部分はできているはずなので大丈夫だよ〜。

魔法のiらんどで、テキストをカードにできるみたいな「シーン」という新しい機能を、応募者に対して公式さんが試してくれるっていうんで、ちゃっかり応募してみた。PVがかんばしくない第二章の方で。でも、自分が忘れてしまったけれど確かによい場面だったかもしれないと思えるような文章を切り取ってもらえたので、やはり他者に読んでもらうことは大事なんだな……と思わされた。応募してよかった。

<忘れないでね、シエ、わたしの気持ちを>
ベラ王女の言葉がラートンの心の底に淀んでいた。

しょっぺえw
いいなあw
自己満足ってしあわせ。

今日、ついったで、フォローしているテキストスペシャリストさんが、うざいディスりメッセージに悩んでいるという文面を読んで衝撃を受けた。あんなに、文章うまい人に、そんなことを言える人間は、どれだけ高尚なのだ!?
顔を突き合わせて発せられる言葉であれば受け入れたり、反論したりできるけど、匿名のやりとりは基本はファンタジーだと思っておきたいものだ。

頭が冴え渡っている中で女王蜂のプレイリストが心を震わせる。あああうれしい休日だああああ
posted by 杏後 at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする