2021年01月31日

REIS DEMUTH WILTGEN レイス・デムス・ウィルトゲン これは叙情

ええと、REIS DEMUTH WILTGENレイス・デムス・ウィルトゲン。
何がきっかけって、なんと、職場で流れる有線なのだ。shamzアプリの有能さの証明ともいえる。いや、音楽好きとしてはありがとうだ。
ジャズとはこんなに聴きやすいものだったのか……!!
上原ひとみだって決してとっつきにくいわけではないけれど、わたしが求めるものがREIS DEMUTH WILTGENレイス・デムス・ウィルトゲンであっただけなのだ。

neel mat Kapp
この一曲に尽きる。
この一曲に惚れただけなのに気付いたら関係ないアルバム3枚買い込んでいた。
くだんのneel mat kapのCDは得体の知れない13000円しか見つからなかったため、不本意ながらApple musicのダウンロードで手を打った。円盤欲しいよおお。2013年発売ならばどこかで出品されていそうなものなのに、ジャズというジャンルだからこそなのか、どう検索しても見つからなかったんだ。

叙情!!!

『!」が最も似合わない単語のひとつだけどしょうがない。
子供が弾いている紅蓮華の伴奏もこういう雰囲気でつけてやりたい。

じょじょう!!
posted by 杏後 at 00:29| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

古いカーステレオをBluetooth対応にしてみた

だいたい常にまったり。
幸せ。

AUKEY Bluetooth レシーバー 車載用 3.5mm Bluetooth オーディオレシーバー BR-C8(ブラック)
AUKEY Bluetooth レシーバー 車載用 3.5mm Bluetooth オーディオレシーバー BR-C8(ブラック)

7年前購入の自家用車のカーステレオがBluetooth非対応のため、レシーバーを購入してみました。
元々は有線で中古のiPhoneをつないで聴けるようにしていたんだけど、現役と中古の2台のiPhoneのミュージックを入れ替えるのが手間で、1台に統一したかった。
結果、
ラク!!
機材はちょっと高いかも……とは思ったけど、レビューがよかったからコレに決めた。特に問題はなし。
ラクにする方法というのは何通りもあるんだろうけど、自分にはこれがいちばん簡単な方法でした。快適です。
posted by 杏後 at 21:45| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

ボブ・ディランと息子ジェイコブと福山雅治「生きてる生きてく」

ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜
映画自体の感想はありません。映画本編については私自身は流し見程度でのび太のパパの声がドラゴンボールの孫悟空だという強烈さしか印象にない。
こどもが最近何回かprimeで視聴しているのでたびたびエンディングが耳に入るうちに、福山、雅治? と、不思議とすぐに彼とは気づかなかったのですが、わたしの気づき方が少し癖が強いため日本国内だと理解できる方がもはや何人存在するのかわからないという心境です。

ジェイコブ・ディランぽい歌い方だな。ああ、久々にthe Wallflowers聴きたくなったなぁ……。

わからないでしょう?
この一文ですべてを理解できる人間が果たしてこのブログ記事にたどり着けるのか、とも思います。
ジェイコブ・ディランとはthe Wallflowersという米国のロックバンドのボーカリスト兼シンガーソングライターであり、ボブ・ディランの息子なのです。福山雅治がわざわざこのマイナーな息子の歌い方をコピーするとは思えないからボブ・ディランを何らかの形で意識しているんだろうな、という推測の元で検索をかけてみると。
やっぱり出て来ますね。古いヤフー知恵袋ではあるがビートルズの「オブラディオブラダ」をボブ・ディランが歌ったらというイメージという発言があったらしいです(真偽不明だけどラジオで言っていたとか)。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1182683996

連想ゲームを一人で楽しんで完結させただけという話です。真偽を確認するまでの情熱はなく知恵袋の古い記事を見つけて自分の中では満足です。
直感は良くも悪くも当たることが多いですねという自己満足。なんだそりゃあ。
ちなみにわたしはジェイコブ・ディランが大好きだが、ボブ・ディランはろくに聴いたことがないし興味もないので息子ジェイコブと歌い方が似ているかどうかを確かめようという気にもならない。好きなものは大好きだが、興味を持つきっかけがなければ一生興味を持たない。人生の巡り合わせというものは大半が悲哀に包まれますねと考えましたとさ。
posted by 杏後 at 00:20| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

外付けのDVDドライブというやつ。

不思議とアイディアは小ネタに事欠かないので月二回更新のペースは守れているのだが、どうも10年前と比べると、ちょっとしたキラキラ感が足りていないような気もする。その原因は心当たりがあって、明らかに読書量、つまりインプットが少ないから。当時は学生で片道2時間の通学の間に何冊も読んでいたからな。純文学から大衆小説までそりゃあもう手当たり次第で。読んだものは自然と自分の血肉になるというか、影響受けるもんだった。車通勤だとそれもなかなか出来ないんだよなあ。かといって電車で出張のときもなぜかアウトプットに力が入っていて「読む暇があったら書きたい」という想いが強くって。まあ、どうしても書けなくなったらたぶん読む方に方向転換するのかな……。

メールフォームなり掲示板なり決まった読者様と接触があるわけでもないのによくも続けられるもんだなと自分に驚愕しているが、それでもたまに投票いただいたり、iらんどでしおりが増えたりとほんのりと「読まれている」感触があるからこそ数ヶ月前のようにアホみたいにサーチエンジンとか同盟サイトを探し周ったりという奇行は最近少なくなりまして。あくまで「書きたいから書く。完結させたいから続ける」気持ちは変えずに出来ていることに「わたしやればできるじゃん」と持ち前の超ポジティブ適当人間炸裂でOKです。何日間アクセスがなかろうと気にならないわよ。

MacBook AirさんにDVDドライブが無いので、外付けDVDドライブを購入した。BAFFALOのDVSM-PLV8U2のホワイト。2300円くらい。いまだにコンパクトディスクを扱う、Cloudとはほぼ無縁な人間。ブルーレイだと一気に高くなるようだけど動画編集は基本しないしPCでブルーレイを見ることはまずありえないので要らんと割り切り。夫のPCで曲取り込んで移すのが非常にめんどいので安価だし買って使ってみた。いいね。CDの取り込み速度は1.5〜2倍程度遅く感じるけど許せる範疇。

ポプテピピックの上坂すみれ/POP TEAM EPICと、盾の勇者の成り上がりのMAD KID/RISEおよびFAITHをプレイリストにぶっこんだ。10年前はオサレに洋楽だ洋楽! それ以外は音楽じゃねえww!! ていうスタンスだったけど最近はあまりマニアックに音楽を追う時間がないのでテレビで聞こえてくるメジャーな邦楽とか、たまたま見てるアニメのOPやEDがプレイリストのほとんどを占めているよーん。気分がアガればなんでも良いわ。

今週も意味不明なスケジュールなのでほどほどにして寝ようっと。
posted by 杏後 at 21:45| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

ひげだん三浦バナナフィッシュColdplayとSUM41

休日の夜は、連日物書きがはかどる。次の更新分もほぼ出来上がってきた。順調だ。
平日昼間はスリルたっぷりに仕事に打ち込んで、帰宅してから子供が寝るまではバタバタしてから、就寝までの約一時間は一人じっくりとテキストエディットと向き合う。最近のリズム感、すごく気に入っている。

年末の音楽番組の影響で久しぶりにiTunesに音源を入れた。
・ひげだん 「traveler」
・三浦大知 「HIT」他
紅白は観てないが他の番組でライブ観て滾りました。ふだんなかなかTVも見れないし音楽の優先順位が低いので追いつくのがすこぶる遅いです。三浦大知いいよお。ダンス見るの好きだけどLDHは苦手です。ひげだんはリズム隊がすこぶる良い子ですってんころりしないね。好きなやつ。ボーカルもええよ、ええよ。

アニメ主題歌からも。
・BLUE ENCOUNT 「FREEDOM」
やべー。バナナフィッシュ思い出して泣きたくなっちゃうよー。せっかく全巻揃えた漫画は悲しくて悲しくてとても読めないという……。アニメの後遺症をまだ引きずってる。でもこの2クールオープニング好きなんだー。エモエモ。
盾の勇者のやつとポプテピピックのやつはメルカリで入手しようかなあ。

昔のやつ
・Coldplay「静寂の世界」
・SUM41 「dose this look infected?」
Coldplayは既に持ってた。記憶力の衰えたるやと思うことが最近増えてきたなあ。趣味に使う頭が減ってしまい切なくなるよね。SUM41は昔たくさん聴いてCD売っちゃったんだよなあ。「Fatlip」収録のアルバムも改めて手に入れたい。

高校〜大学の頃は月に何枚CD買えるかばかり考えていたのが、近頃は半年に一回CD漁るのがやっと。それでもプレイリストを更新するとホクホクできるね。新/旧問わず、洋/邦問わず、物書きのお供にしようと思う。
posted by 杏後 at 22:24| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする